勤怠管理の目的について

オリジナル見出し01

企業などでは従業員の勤務状況を把握する必要があります。

これは一般的には勤怠と言われているもので、従業員の勤務状況を把握することから始めなければなりません。

では何故従業員の勤務状況を把握しなければならないか、会社には勤怠管理をする義務があるのです。

これは労働基準法というものがありその基準より会社内で就業規則や賃金規定などを定めて管理をしなければならないのです。

まず会社と従業員の間では契約を取り交わすことになります。

これは社員でもパートでも必要なことですが、契約には就業規則や賃金規定で定めてある内容について明記して会社と従業員で契約を行うことになります。その内容には労働の契約期間、勤務場所や勤務内容、勤務時間と休憩時間、有給休暇や賃金の支払い方法などについて明記しなければならないことになっているのです。

勤怠管理はこのような規定類や契約書の内容通りに勤務しているのか把握をするために必要なのです。


またこれら勤怠の結果より給与計算を行いますが、賃金の計算にも利用することになります。
勤怠管理を行うためにはまずその基準となる時間数を決める必要があります。

企業によっては残業時間を出来るだけ削減するために変形労働時間制やフレックスタイム制を導入しているところもあります。
これら年間休日と年間の勤務日を決めて労働時間を決めます。

年間の労働時間数は2080時間と定められていてその時間数を超えないようにします。

変形労働時間制は繁忙期があるような企業では忙しい月の休日を少なくして、他の月の休日を多くとり月の時間数を調整してできるだけ残業が発生しないようにすることができます。フレックスタイム制というのはコアタイムを決めてそれ以外の出勤時間と退勤時間を従業員が決めて忙しい日は多く働き、そうでない日は早く帰るようにすることができる制度なのです。


年間の勤務日や時間数が決まればそれに対して実績をとって管理をしていくことになります。実績としては出勤した日とその時間が基本となります。

最近はタイムレコーダーも進化しています。これまではタイムカードという方法で紙に時間を印字して管理をするという方法でした。
この方法では集計にとても時間がかかってしまうということと、間違いが発生しやすいということ、リアルタイムに勤務状況を把握することが困難なためにタイムカードでは勤怠管理は難しのです。しかし最近のタイムレコーダーはカードやバーコードなどを利用することができ、ネットワークを経由してすぐに勤務時間を収集することができるのです。
その結果従業員の出勤時間や退勤時間をすぐに集めることができ勤務の時間をすぐに計算することができるのです。残業時間も自動的に計算することができ、確認することで月の途中でも改善の指示を出すことができるようになります。

また月の総労働時間数も自動計算することができるようになるため、勤務実績を確定させることでその情報を給与システムへ受け渡して給与計算を行うことができるのです。

今までになかったスケジュールの管理情報を網羅した総合サイトです。

GoogleMapsAPIに関する問題解決をサポートいたします。

マイナンバーの保管の情報を求める人におすすめのサイトです。

目的に応じてcdの朗読情報選びをお手伝いするサイトです。

これからは介護のソフト情報をお伝えします。

http://smany.jp/5621

https://secure.okbiz.okwave.jp/accordiagolf/category/show/732?category_id=732

http://okwave.jp/qa/q7920486.html

関連リンク

  • タイトル21

    不況が叫ばれている中会社や個人にとって日々の経費やお買物で使ったお金の計算は非常に重要です。誤った計算をしないためにも会計ソフトを使用して計算する事をお勧めします。...

  • タイトル22

    お金は個人の視点では生きていく上で重要な物ですが、企業になると大勢の人間の人生に関わってくるものなのでお金に関する申請等は間違いがあってはいけません。そこでお勧めするのが会計ソフトを使用した財務管理です。...